コラム

 公開日: 2017-04-24  最終更新日: 2017-10-13

相続した不動産(住宅や土地)を相続人で分けたい

高知の不動産買取・不動産査定はパークホームへ!

遺産の分割については、通常「①現物分割」「②代償分割」「③換価分割」という方法がとられます。

しかし、それらの分割が行えない場合、「④共有分割」という方法がとられますが、こちらは後々、さまざまなトラブルを引き起こす可能性がある分割方法になっており、あまりおすすめできません。

また分割が終わり、売却を行う際には相続登記が必要になってきます。相続登記は売買などを行わないのであれば、法律上必須のものではありませんが、こちらも後々のトラブルの可能性を考えると、早く済ませた方が良いでしょう。

また、これらの手続きを専門家に依頼する場合は、その費用をしっかりと見積もっておくことを忘れないで下さい。

相続した不動産分割の代表的な3つの方法

前回のコラムで遺産分割協議の話が出ましたが、今回のコラムでは相続した不動産を「どのように相続人の間で分割するか」ということについてと、それらに関連するさまざまな注意点などついてお話をしてみたいと思います。

まず、遺言等で細かく相続についての指定がある場合などを除き、相続した遺産の分割に関しては、一般的に以下の3つの方法がとられます。

①現物分割
ここで言う“現物”とは、「遺産をなるべく形状や性質を変えないまま」という意味です。
通常、「遺産はできる限り現物で相続人に渡した方が良い」という考え方がありますので、こちらの分割方法が最も原則的かつオーソドックスではありますが、一戸建ての建物などを相続した場合など、分割して相続するとかえって不便になってしまう時は、以下の分割方法をとることがあります。

②代償分割
こちらの方法は、一定の相続人にすべて、あるいは法定相続分を超える遺産を相続してもらい、その代わりに他の相続人に対して金銭や、自分の所有する財産を交付する分割方法です。
①の例で出てきたような、分割できない遺産を相続する場合にとられる方法ですが、遺産分割後にそれらの支払いが履行されなくても、遺産分割を解除することは原則的にできません。
そのため、他の相続人に対して支払いをする相続人には、それ相応の資力が必要となりますので、それらを証明する書類を提出しなくてはいけないことになっています。

③換価分割
不要な不動産を相続した場合などにとられる方法です。こちらは不動産などの遺産を売却してお金に変えた上で、それらを相続人間で分配するという方法ですが、売却などに際しては遺族全員の同意がいりますので注意が必要です。

共有分割という方法

以上の3つの方法で分割ができない場合、共有分割という方法がとられることがあります。

これは、文字通り「相続した遺産を共有する」ということで、一見、平等な分割方法のようにも思われるかもしれませんが、特に不動産などの遺産においては、多くのトラブルを引き起こす可能性を持つ方法ですので、通常は最後の手段となっていることがほとんどです。

その理由をマンションを共有分割したことを例に考えてみますと、例えば「そのマンションを誰がどのような形で管理するか」「そのマンションに実際に誰が住むか」などの問題を解決するために、共有分割の場合は、いちいち共有者の間で話し合いをもたなくてはなりません。

また多くの場合、共有分割は「仲良く相続者間で共有しましょう」という考えのもとに行われる訳ではなく、上記の3つの分割方法では合意ができなかった場合に、とられる方法です。つまり相続者間は関係が悪化していることが多く、話し合い自体が困難になっていることも稀ではありません。

さらに、そうした共有状態のまま相続人の一人が亡くなった場合など、その相続人の遺族が分割された遺産を相続することになり、共有される人数がさらに増えていくことなどから、非常に複雑な事態を引き起こす可能性があります。

そのため、話し合うのが面倒なほど関係の悪い相続人が相手にいたとしても、「共有分割」はなるべくないものとして、遺産の分割を行うことが望ましいと言えます。

売却費用などについて

相続した不動産の売却方法については、前回のコラムもあわせてお読み頂ければ幸いですが、売却するにはまず相続登記が必要になります。

こちらの相続登記は、売却等を行わないのであれば、絶対に行わなくてはならない手続きではなく、極論を言えば、亡くなったご遺族の方の名義のまま、その物件に住み続けていても法律には抵触しません。

しかし、その間、物件は相続人のあいだでの共有状態になっており、不動産を売却したり、それを担保にして借金をしたりができなくなるほか、法律的には非常に不安定な状態にあるため、後々、さまざまなトラブルを引き起こす可能性が高くなりますので、なるべく早く相続登記を行った方が良いでしょう。

また、これらの遺産分割協議をまとめたり相続登記を行ったり、という複雑な手続きを相続人のあいだだけで行うことは心許ないという方もいらっしゃると思います。

そうした場合、司法書士や弁護士などの専門家にお願いする場合も多くありますが、この際に「どのような職種の専門家に依頼をすれば良いか」というのは、相続人の関係や相続する遺産の大きさによって異なりますので、一概に「この職種の方なら絶対に安心」ということは言えません。

また、実際に売却を行う不動産業者に対して支払う不動産の売却費用以外に、これらの予算を考えずに作業を進めてしまうと、後で思ってもいないような費用に膨らんでいることがありますので、売却前の遺産分割のために必要な予算を、あらかじめしっかりと見積もっておくことを忘れないようにして下さい。

高知の不動産買取・不動産査定はパークホームへ!

この記事を書いたプロ

有限会社パークホーム [ホームページ]

不動産コンサルタント 尾池正幸

高知県高知市城見町1番1号 [地図]
TEL:0120-927-255

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
スタッフ紹介
イメージ

・宅地建物取引士・2級建築施工管理技士・Cカード(スクーバーダイビング) 担当者からの一言 主に売買物件を担当しています。 建築会社での現場...

 
このプロの紹介記事
(有)パークホーム 代表取締役 尾池正幸さん

買取は積極的に!土地探しから注文建築、中古住宅のリフォームまでをトータルに!(1/3)

新築・売家・売土地・分譲マンション・賃貸物件などを常時600件ほどホームページにアップしている(有)パークホーム。「新着物件もほぼ毎日更新中です」代表取締役の尾池正幸さんは、不動産情報として高知ではまだ珍しい自社サイトの厚みを、温和な笑...

尾池正幸プロに相談してみよう!

高知放送 マイベストプロ

不動産買取り、不動産査定,保険付き中古自社物件販売に強み。

会社名 : 有限会社パークホーム
住所 : 高知県高知市城見町1番1号 [地図]
TEL : 0120-927-255

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-927-255

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

尾池正幸(おいけまさゆき)

有限会社パークホーム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
事務所移転のお知らせ
イメージ

拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます平素は格別のお引立てを賜り誠に有難く厚くお礼申し上げます...

[ お知らせ ]

既存住宅瑕疵保険付き中古住宅の安心できる保障とは

個人間で中古住宅を売買する際(現状有姿の場合は特に)、隠れた瑕疵が見つかった場合に、「瑕疵担保責任を誰が負...

[ 既存住宅瑕疵保険とは ]

既存住宅瑕疵保険に加入している中古住宅は、安心して購入できる!

 高知の不動産買取・不動産査定はパークホームへ! 既存住宅瑕疵保険は、契約期間(2年か5年)の間に瑕疵が...

[ 既存住宅瑕疵保険とは ]

中古住宅購入に確認しておくべき、既存住宅瑕疵保険ってなに?

 高知の不動産買取・不動産査定はパークホームへ! パークホームは高知県で最初に既存住宅瑕疵保険住宅を販売...

[ 既存住宅瑕疵保険とは ]

任意売却をすることで、滞納した住宅ローンはどうなる?

 高知の不動産買取・不動産査定はパークホームへ! 任意売却を行ってその売上をローン返済に回しても、まだ完...

[ 任意売却とは ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ