コラム

 公開日: 2017-04-17  最終更新日: 2017-11-08

不動産(住宅や土地)を相続したが、不要なので売却したい

高知の不動産買取・不動産査定はパークホームへ!

不要な不動産を相続すると、固定資産税や維持費などがかかるので、売却を考える方も数多くいらっしゃいます。

相続人が複数いて不動産を売却し、その利益を分け合う場合、相続人全員の合意のもと遺産分割協議が行われ、その上で売却手続きが可能な人間が相続人になります。しかし、相続する遺産が基礎控除額を超えていると、相続税がかかる他、売却の際に出た利益(譲渡益)に応じて譲渡税もかかります。

しかし、これらの税金がかかるからと言って、不要な不動産を相続したまま放っておくと不動産の価値が下がる他、相続してから3年以内であれば受けられる譲渡税に関する特例も受けられなくなります。

不要な不動産を相続した場合は、なるべく早く相続人で話し合い売却に動くことが肝要です。

不要な不動産を売却するための手続きと注意点①

不動産を相続する立場に立って、「譲渡・相続によりどのような事態が発生するか」「それらをどう有効活用していけば良いのか」などについてお話をしてみたいと思います。

例えば、今、Aさんとその親族(Bさん、Cさん)が、親御さんを亡くし、高知から離れた場所にある不動産が遺されたとしましょう。親御さんは遺産分割に関する遺言を遺さなかったため、相続人はAさん、Bさん、Cさん全員です。しかし、Aさんは高知に持ち家があるので、とりあえずその不動産は不要だとします。

不動産は不要であるからと言って放っておくと、毎年の固定資産税(固定資産税評価額の1.4%)がかかる他、マンションなどであれば維持費も馬鹿になりません。

ちょうどBさんも持ち家を持っており、Cさんもその不動産は必要がないということで、「ここは思い切って売却した上で、親族でそれらを分割して相続しよう」とAさんとBさんは相談をしました。

さて、この時、気をつけなくてはいけないのはCさんの存在です。遺産分割協議は相続人全員の合意によって初めて成立します。Cさんが合意していない間は、勝手に遺産の処分の仕方を決める事はできないのです。

しかし、実はAさんがBさんとだけ相談をしたことには理由がありました。
Cさんは認知症にかかっており施設で暮らしているのです。さらに、認知症が進んでいるため、遺産分割の内容が理解できません。この場合は、Cさんには裁判所を通じて「成年後見人」と呼ばれる人をつけ、その人を通じてCさんの不利益にならないように、遺産分割を行う必要があります。

こうして正式な手続きを経た後、ようやく遺産分割協議書が作成され、不動産を売却することができるようになるのです。

不要な不動産を売却する際の手続きと注意点②

さて、遺産分割協議書が作成された後、不動産を売却するために必要な手続きが「相続登記」です。

これは、その不動産の名義を親御さんの名前から相続人の名前に変更することで、この手続きを踏まなくては不動産を売却することはできません。
とりあえず、実際の売却手続きを行うのはAさんということになり、不動産の名義が親御さんの名前からAさんの名前に変わりました。

この時、相続税の基礎控除額、3000万円+600万円×相続人の数(この例の場合であれば3)、つまり4800万円以上の価値が不動産にあった場合は、相続税をまず払わなくてはなりません。

ここで注意をしてほしいのですが、売却によって利益(譲渡益)を出す訳ですから、その際の譲渡税も申告によって収める必要が出てきます。この譲渡税の計算には、不動産を売却して得た金額の他、親御さんが不動産を手に入れた際の取得費と減価償却費が必要となってきます。

取得費と減価償却費は不動産を購入した当時の売買契約書があれば、そこから割り出すことができますが、時々、契約書が見つからず取得費がわからない場合があります。

このような場合は、売却した価格の5%を取得費とすることができますが、実際は余程のことがない限り、20倍の値段で不動産を売るということはありません。

つまり、譲渡税を算出する上では損な計算になる場合が多いので、遺産を遺す側の方も不動産と一緒に契約書を遺しておくようにしてください。

不要な不動産はなるべく早く売るのがポイント

さて、相続税を支払った上で、贈与税まで支払わなくてはいけないことを考えると、不動産の売却は決して“美味しい話”ではないと思えるかもしれません。

実際、場合によってはその通りのこともあります。しかし、だからと言って相続した不動産を不要であるにも関わらず、いつまでも持っておくことは決しておすすめできません。

理由の一つは税制上の特例にあります。相続税の申告期限の翌日から3年以内に不動産を売却した場合には、相続税の一定額を取得費に加える特例が認められています。つまり、相続3年以内であれば、売却した際の贈与税が減らせるということです。

また、そうでなくても、マンションや一戸建ての場合、年月が経つに連れて売却価格はどんどんと下がっていくことがほとんどです。

売却価格が下がれば譲渡税は下がりますが、最初にお話ししたような固定資産税や維持費が毎年かかります。また、価値が減ってしまってからただ同然で売却することは、不動産を遺してくれた親御さんも望んではいないと思います。

きちんと有効活用できる不動産まで売却してしまう必要はありませんが、明らかに不要な不動産を相続した場合は、制度を理解した上でなるべく早く売却に向けて動き出すことが肝要だと言えるでしょう。

この記事を書いたプロ

有限会社パークホーム [ホームページ]

不動産コンサルタント 尾池正幸

高知県高知市城見町1番1号 [地図]
TEL:0120-927-255

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
スタッフ紹介
イメージ

・宅地建物取引士・2級建築施工管理技士・Cカード(スクーバーダイビング) 担当者からの一言 主に売買物件を担当しています。 建築会社での現場...

 
このプロの紹介記事
(有)パークホーム 代表取締役 尾池正幸さん

買取は積極的に!土地探しから注文建築、中古住宅のリフォームまでをトータルに!(1/3)

新築・売家・売土地・分譲マンション・賃貸物件などを常時600件ほどホームページにアップしている(有)パークホーム。「新着物件もほぼ毎日更新中です」代表取締役の尾池正幸さんは、不動産情報として高知ではまだ珍しい自社サイトの厚みを、温和な笑...

尾池正幸プロに相談してみよう!

高知放送 マイベストプロ

不動産買取り、不動産査定,保険付き中古自社物件販売に強み。

会社名 : 有限会社パークホーム
住所 : 高知県高知市城見町1番1号 [地図]
TEL : 0120-927-255

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-927-255

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

尾池正幸(おいけまさゆき)

有限会社パークホーム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
事務所移転のお知らせ
イメージ

拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます平素は格別のお引立てを賜り誠に有難く厚くお礼申し上げます...

[ お知らせ ]

既存住宅瑕疵保険付き中古住宅の安心できる保障とは

個人間で中古住宅を売買する際(現状有姿の場合は特に)、隠れた瑕疵が見つかった場合に、「瑕疵担保責任を誰が負...

[ 既存住宅瑕疵保険とは ]

既存住宅瑕疵保険に加入している中古住宅は、安心して購入できる!

 高知の不動産買取・不動産査定はパークホームへ! 既存住宅瑕疵保険は、契約期間(2年か5年)の間に瑕疵が...

[ 既存住宅瑕疵保険とは ]

中古住宅購入に確認しておくべき、既存住宅瑕疵保険ってなに?

 高知の不動産買取・不動産査定はパークホームへ! パークホームは高知県で最初に既存住宅瑕疵保険住宅を販売...

[ 既存住宅瑕疵保険とは ]

任意売却をすることで、滞納した住宅ローンはどうなる?

 高知の不動産買取・不動産査定はパークホームへ! 任意売却を行ってその売上をローン返済に回しても、まだ完...

[ 任意売却とは ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ