コラム

 公開日: 2014-05-15  最終更新日: 2014-06-28

築70年以上の古民家の輝き!!芸西村 古民家の家

7-1

この家の見どころ!
 *天井をのけた事により輝きを取り戻した古いはり
 *大工さん手作りカウンター
 *オシャレな照明器具
 *リビングと一体感のあるサンデッキ
 *元々使っていた建具を使用
  この古さがなかなかえい!お部屋の雰囲気にピッタリ!

○お施主様の声○
 長年、離れに住んでいたので母屋の方が手つかずになっていました。あの古い家が見違えるほどキレイになり快適に過ごせるようになって驚いています。本物の木の香りにつつまれて、毎日帰るのが楽しみになりました。動線もキチンと考えてくれているので非常に使いやすく、疲れの癒される家になりました。思った以上に居心地の良い空間にしてくれました。ありがとうございました。
7-2


☆和室はすっきりと明るい空間に!
7-3


☆キッチン・ダイニング
 大工さん手作りのカウンター!キッチンにも木の香りが!
7-4


☆洗面室・洋室
 元々使っていた建具を使用し、この古さがなかなかえい!お部屋の雰囲気にあいます。
7-5

この記事を書いたプロ

有限会社岩城建築設計事務所 MIタウン企画部 [ホームページ]

一級建築士 片岡正治

高知県香南市野市町東野1936-3 [地図]
TEL:0120-093-090

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
再生事例
再生事例 愛犬

香美市で古民家再生工事を行いました!!この家の見所は・・・☆狭い玄関戸収納の有効利用☆間取りの一部変更で各室が生き返り快適に☆庭と室内の連動性☆階段の...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
野市町の事務所にて 片岡正治プロ

夢が広がる「古民家ときめき再生」古き良き木造住宅と新しい技術の融合(1/3)

古民家は夢と宝の宝庫です。長い年月を経た「木」は味わいや深みを醸し出し、構造体は匠の技の結晶。人間の営みを包み込んできた家は、どんな人の心にも癒しを与えます。しかし年月はまた、家を朽ちさせ、人の心を変え、古民家を過去の遺物として葬り去ろう...

片岡正治プロに相談してみよう!

高知放送 マイベストプロ

古民家に学び現代木造建築の魅力を引き出す長年の知識・経験が強

会社名 : 有限会社岩城建築設計事務所 MIタウン企画部
住所 : 高知県香南市野市町東野1936-3 [地図]
TEL : 0120-093-090

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-093-090

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

片岡正治(かたおかまさはる)

有限会社岩城建築設計事務所 MIタウン企画部

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

えびす・大黒が屋根で踊る古民家

当初は新築やマンション購入を考えていました。 しかし、い...

N
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
若返るタイムマシン!!古民家ときめき再生
イメージ

ご挨拶が遅くなりましたが…新年明けましておめでとうございます。2015年のお正月は、寒気により各地で荒れた天候と...

『月と星、緑の風を光で取り込んだ家』
イメージ

☆before・after

[ 古民家再生 ]

吹き上げ天井の古梁が、いやしの異空間を創る!『枕木の門で、レトロ昭和!!築36年の古い民家』
イメージ

この家の見どころ! *玄関アプローチで変わる家の品格 *古いブロック塀の補強及び活用で高まる家の...

[ 古民家風リフォーム ]

文化と歴史を重んじる国・美馬郡の住居『先人の智恵と恵みが輝く貞光の古民家』
イメージ

この家の見どころ! *1階下屋にL時のオープンベランダをとる事で、2階からの見晴らしと四季を取り込む...

[ 古民家再生 ]

歴史の証言!!屋根葺き替えで、豪邸の趣に!!『三宝山の恵に光る本村の古民家』
イメージ

この家の見どころ! *屋根の葺き替えによる外観の変化を見て下さい *和・洋、住まう人の個性で、空...

[ 古民家再生 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ