コラム

 公開日: 2014-01-31  最終更新日: 2014-06-22

分離発注 CMについてもう少し詳しく

分離発注CMについて もう少し詳しく書いてみたいと思います。
このCM(コンストラクション マネージメント)方式とは 家を建てたい人がハウスメーカーや工務店と一括契約するのではなく、設計事務所のサポートをもとに 基礎工事や木工事などを直接それぞれの専門工事業者と契約して工事を完成させる方式ですが それぞれの専門工事は下記のような工事種別となります。

1. 仮設工事(足場やネットなど)  2.地盤改良工事  3.杭工事  4.基礎工事 5.木工事(木材、大工手間) 6.金物工事(構図金物やその他) 7.屋根工事(瓦やスレートや金属屋根など)8.外壁工事
(サイディング貼など)9.左官工事 10.建材工事 11.サッシ工事 12.ガラス工事 13.断熱工事 14.塗装工事 15.内部建具工事(製作建具や既成建具など) 16.家具工事 17.住宅機器(ユニットバスやシステムキッチン)18.給排水設備工事 19.電気設備工事 20.空調工事 21.外構工事 22.植栽工事などが木造住宅における専門工事の種類です。鉄骨構造になれば 鉄骨工事が加わってきます。

結構な数となりますので これを図面どうりにかつ工程どうりに進めていくのが コンストラクションマネージャ-(パートナーとしての設計事務所-CMr)の腕の見せ所なんです。



実は5.6年前まで 全国300社あまりの会員がいるCMのネットワークに参加し、CMでの仕事をしていた時には、四国の統括幹事で北海道から沖縄までの各地区の幹事が集まる幹事会に毎月参加し、いろいろなCM工事でのトラブルなどについての情報やその対策についての会議に参加してきました。そのトラブルの原因で多かったのが設計能力の欠如や現場での知識不足が多かったように思います。設計事務所でありながら十分な図面が書けない、現場がわからないなどという理解しがたい現状を目のあたりにしたこともありました。いまでもそれに近い話はたまに聞くことがありますが。

このCMは設計図面の精度やCMrの現場処理能力や専門工事業者の能力、この三つのレベルの高さによって家の出来不出来が決まるといっても過言ではありません。

特に難しいのが 各業者間のはざまの工事処理にあろうと思います。必ず業者の仕事の範囲(契約の工事範囲)を明確にし、すべての工事がつながって一つになり、ぬかりのない工事形態をつくり、責任を持って各業者に工事をさせることがノウハウのひとつではないかと思います。

そして業者はだれの家を創っているのかをしっかり認識させることでより責任感がまし、家を建てる人もどういう業者のだれがこの家をつくっているかわかると、また工務店などと違って愛着がさらに深くなっていくようにおもわれるのです。
そして大手ハウスメーカーなどからすると15%以上のコストダウンが可能だということが、やはり最大のメリットではないかと思います。

平成21年10月1日以降に引き渡す住宅には住宅瑕疵担保責任保険への加入が義務付けになっておりますが、これにも分離発注の場合の保険がかけられるようになっております。 これは構造耐力上主要な部分または雨水の侵入防止部分を受注した工事業者による連名にて加入が可能ですので、安心していただけるものと思います。

そして融資についてはどうかということですが、今まで県内 四国銀行、高知銀行、労働金庫、高知信金など問題なしに融資を受けることが出来ましたし、また融資のお手伝いを行ってきました。

全国的にも設計事務所による 分離発注は増えてきていると思います。

ハウスメーカーや工務店と一味違ったオンリーワン住宅はいかがでしょうか。








この記事を書いたプロ

株式会社堀内計画設計研究所 [ホームページ]

建築家 堀内啓介

高知県高知市愛宕山南町3-11 [地図]
TEL:088-872-7155

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
WORK

1.分離発注方式での 設計監理、現場調整料 と工事費について   設計監理(現場調整費含む)料は下記の方法により算出します。a. 木造2階建まで( 構造計...

 
このプロの紹介記事
堀内啓介さん

コストダウンと地震への備えを住む人の立場で考えたデザイン住宅(1/3)

 プランニングから設計、マイホームが徐々に形となり完成するまで。建築段階でほぼ毎日、堀内啓介さんは現場へと向かいます。「出来上がって行く家を眺めながら建築家としての愛着がわいてくる」堀内計画設計研究所創業から30年を過ぎた今も変わらない...

堀内啓介プロに相談してみよう!

高知放送 マイベストプロ

地震に備える建築工法や直接契約でコストダウンするプランが強み

会社名 : 株式会社堀内計画設計研究所
住所 : 高知県高知市愛宕山南町3-11 [地図]
TEL : 088-872-7155

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

088-872-7155

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

堀内啓介(ほりうちけいすけ)

株式会社堀内計画設計研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
欠陥分譲マンションはだれの責任?

横浜市の傾斜マンションの報道が日々されているのですが、だれの責任なんでしょうか?実際にくい打ち工事をし...

[ 工事監理は機能しているのか? ]

またもや分譲マンションの施工不良-高知のマンションは大丈夫か?

ここ数日、新聞やテレビで杭の長さが足らないマンションが傾くという報道がなされていますが、またかとうい印象で...

[ いかに工事監理が大切か ]

メンテナンスが家を長生きさせる!!
イメージ

10年前に分離発注で創った家です。 10年の経過でのメンテナンスを行いました。生き返ったようでとてもうれしい...

[ 分離発注で創る!! ]

シャビ-シックなヨ-ロッパスタイルな家を創ってみませんか?
イメージ

エイジングアンチ-ク塗装や古い家具や小物などで演出するアンチ-クな空間を持つヨ-ロッパスタイルの家を分離発注で...

[ 分離発注で創る!! ]

シャビ-シックな家とは?
イメージ

最近 使い込まれて傷がついたり、ペンキがはがれかけているような古いけど味のある 壁や天井、建具で囲まれた空...

[ 分離発注で創る!! ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ