コラム

 公開日: 2016-07-14  最終更新日: 2016-11-24

家を購入しようと思ったときに最も重要な“資金計画”


どれだけ理想的な良い土地を買っても、どれだけ素晴らしい家を買ったとしても、お金が回らなければ全部ダメになってしまいます。

住宅ローンを払うために精一杯の経済状況だと、病気になったりリストラにあったりして収入が減る、住宅ローン支払額が上昇すると住宅ローンを払えなくなる危険が出てきます。

最悪の場合は家計が破綻して、離婚や一家離散ということにもなりかねません。そうならないためにも、しっかりと資金計画を立てなければいけません。

注意していただきたいのが住宅取得の資金計画ではなく老後まで見据えたお金の不安が払拭できる資金計画を立てるように努めてください。

資金計画を立てる重要なポイントをご紹介します。

まずは住宅取得総額を決め、返済額と金利タイプを決める

資金計画を立てる際には、家計に無理なくローン返済を続けられるかどうかが問題になってきますので、収支のバランスやライフプランにも注意が必要です。

まず、住宅取得総額を決めていきます。土地からの場合は土地の金額、建物の金額、諸経費の金額など、また建売やマンションなどは売買金額、諸経費などで大まかに決定します。

そして、返済額と返済額を左右する金利タイプを決めます。

住宅ローンの金利のタイプには、返済中に金利や返済額が上がる可能性がある「変動型」「固定期間選択型」と、最初の金利は高めでも、最後まで金利や返済額が一定の「全期間固定型」があります。

住宅ローンは金利が低い方がお得と考えてしまいがちですが、金利が低いローンは変動型や固定期間選択型が多く将来の返済額が変わるので、どちらが自分たちに合う金利タイプなのか見極めが大切です。

世の中の情勢やライフプランにもよりますが、経験上変動金利を選んでも可能な人は
「家庭収入1000万以上の高所得かつ1000万円以上の貯蓄残高のある家庭(住宅資金を除く)」、「1000万以下の収入、貯蓄残高」であれば固定金利が無難だと思われます。

返済期間中の変動から固定、固定から変動に安易に切り替えることができるローン対応には、経済状況や金利決定の仕組みなど理解をできる人が注意して対応してください。

定年退職までに完済するのが理想的?

返済期間は老後の生活に影響してきます。退職金の金額も不透明な昨今、定年退職以降も住宅ローン返済が続くと不安が残るため、定年退職までに完済するよう返済期間を設定しましょう。

上記のようなことがよく言われていますが、確かに定年時までに完済できればいいのですが、問題は住宅ローン完済ばかりに着目して老後資金が確保できないケースが多数見受けられる点です。

「退職時に借金はないけど貯金もない!」こんな状況はいかがですか?

必要なのは、ローン支払いと並行して貯蓄計画を立て退職時に一括返済ができ、貯蓄残高も確保することではないでしょうか。

そのためには、返済期間についても退職時までにとらわれずしっかり設定していきましょう!

家の購入に使える現金「住宅資金」はいくら用意できるか確認を

住宅資金とは家の購入に使うための現金のことで、購入諸経費と頭金です。

貯蓄のすべてを住宅資金に使ってしまうと、家を買ったあとの生活に不安が出てきます。引っ越しにかかる費用、病気やケガなどの万が一に備えるための生活予備費を残した金額にします。

頭金は、購入価格の2割以上を用意するのが理想的といわれています。頭金が多ければ借入額が少なくてすむので、返済の負担も減るからです。頭金が少なくローン借入額が多い場合は、将来的に売却したい事情ができた場合に、売却額だけでは住宅ローンを完済できないリスクがあると覚えておきましょう。

ですが、頭金が少なくても無理のない返済額や金利タイプ、返済期間を元に借入額を決めていることと、購入後に返済と並行して貯蓄に励んで、しっかりとした資金計画を立てれば家の購入は検討できます。

貯金が少なくても家を購入したい場合や、資金計画をしっかりと行い、お金に対する不安を払拭したい方などは一度、住宅取得アドバイスが得意なファイナンシャルプランナーに相談してみてください。

住宅ローンの頭金は本当に必要?
家を購入するときに抑えておくべき必須のポイント

ご相談方法についてはこちら

この記事を書いたプロ

ファイナンシャルプランナー FPライフ [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 由籐久和

高知県高知市長浜1625-5 [地図]
TEL:088-848-2505

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
ご相談方法
イメージ

FP.ライフにて毎週土曜日・日曜日に住宅ローン相談会を開催しています。人生で最大の借り入れ、住宅ローン。住宅ローンの基本を学び、実践して家計収支の改善を図りま...

 
このプロの紹介記事
高知を元気にするファイナンシャルプランナー・由籐久和さん

夢を諦めない、前向きな人を応援するファイナンシャルプランナー(1/3)

 ファイナンシャルプランナーをご存じですか?マイホームの取得、ゆとりのある生活、老後の安定など、誰もが夢や目標を持っています。そこに横たわるのがお金の問題。ファイナンシャルプランナーは顧客の夢や目標に寄り添い、現実に則した資金計画を立て、実...

由籐久和プロに相談してみよう!

高知放送 マイベストプロ

家造りに関する相談経験豊富な独立系ファイナンシャルプランナー

会社名 : ファイナンシャルプランナー FPライフ
住所 : 高知県高知市長浜1625-5 [地図]
TEL : 088-848-2505

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

088-848-2505

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

由籐久和(ゆとうひさかず)

ファイナンシャルプランナー FPライフ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
家計診断をFPに依頼するメリット
イメージ

消費税の増税や扶養控除の廃止など、家計に関わるお金の状況は今後厳しくなると予想されます。「これからの...

[ 家計診断で家計の見直し ]

住宅ローン借り換えのメリットとデメリットの比較が重要!
イメージ

住宅ローンの借り換えメリットは、返済利息額が削減できることです。でも、事前に十分な情報収集をせずに借り...

[ 住宅ローンと資金計画 ]

家計診断で老後破産回避!
イメージ

色々なところで目にすることが多くなった老後破産という言葉。老後破産を回避する方法をお伝えします。 ま...

[ 家計の見直しを考える ]

住宅ローンの頭金は本当に必要?
イメージ

住宅を購入する場合は、頭金を物件価格の2割準備した方がよいといわれています。その理由としては、以前は物件価...

[ 住宅ローンと資金計画 ]

住宅ローンは固定金利と変動金利どちらを選ぶべき?
イメージ

住宅ローンを決めるときに悩むポイントは、住宅ローンのタイプを固定金利にするか、変動金利にするかではないで...

[ 住宅ローンと資金計画 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ