コラム

 公開日: 2016-06-25  最終更新日: 2016-11-24

家計管理の家計簿につかう項目はあなたのスタイルに合わせて


収入と支出を把握し、無駄を分析してお金を管理するためには、家計簿をつけることが基本になります。

家計簿をつけ始める時には内訳の項目決めをします。一般的な項目種別はありますが、人それぞれ管理しやすいやり方や長続きしやすいやり方は異なります。「お金を貯める」という目的を果たすために、自分のスタイルにあった項目設定を行いましょう。

家計簿の初心者にはざっくりした項目から始めることがおすすめ

家計簿初心者の場合、支出を項目別に記録する際にどの分類に入れるのか分け方に悩んでしまい、挫折してしまう場合があります。

家計簿をつけることではなく、家計全体のお金の流れを知ることが大切ですので、項目は簡単にシンプルにしましょう。自分が記録して振り返り、分析しやすい項目に設定することが大事です。これまで挫折を繰り返した人や初心者には、ざっくりした項目分けがおすすめです。

「食費と日用品」という項目、住宅ローンや家賃、車のローンや保険等の「固定費」という項目、そしてそれ以外の「雑費もしくは必要経費」(光熱費、通信費、医療費、美容代など)という3つの項目から始めると、分け方に悩むこともないでしょう。大まかすぎて無駄の分析がしにくいのですが、お金の流れを知ることができるようになります。

細かくきっちりした項目内訳にすると家計分析が行いやすくなる

ざっくりした項目で始めて経験を積めば、もう少し細かく分析したいと思うようになります。その場合は、項目を増やしていきましょう。

また、もともと数字に強く細かな家計分析を行いたいタイプなら、家計簿の項目内訳を細かく記していく、きっちりした項目設定を行います。
食費、日用品、住宅費、通信費、光熱費、レジャー費、交通費、医療費、交際費、保険、税金、衣服費など細かく記録していきます。そうすると、今月は通信費が多かったとか、光熱費にお金がかかったのはどうしてかと考えて分析することが可能になります。
その結果、次の月で調整を行ったり、節約を心がけることで貯金がスムーズにできるようになります。

消費・浪費・投資の3つの項目に設定する家計管理の方法もある

家族構成や収入にもよるのですが、理想的な配分は消費70%、浪費25%、投資5%というバランスで考えます。

生活する上で必要な支出の食費、家賃、水道光熱費、通信費、医療費など一般的な支出は消費に含みますが、例えば同じ食費でも外食は浪費に分類します。ほかには、仕事に役立つ資格取得のために必要な支出は投資、趣味に使った支出は浪費というように分けます。

投資・消費・浪費の定義は世帯によってそれぞれなので決まった項目はありません。
ご家庭のスタイルや管理されている人がやりやすい項目を設定しましょう。

夫婦のどちらかが家計管理を担当するかで家計は大きく変わる

家計診断の事例はこちら

ご相談方法についてはこちら

この記事を書いたプロ

ファイナンシャルプランナー FPライフ [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 由籐久和

高知県高知市長浜1625-5 [地図]
TEL:088-848-2505

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
ご相談方法
イメージ

住宅取得相談 50,000円 ※ライフプラン設計料を含む住宅ローン新規相談30,000円住宅ローン借り換え相談30,000円保険相談5,000円ライフプラン設計30,000円...

 
このプロの紹介記事
高知を元気にするファイナンシャルプランナー・由籐久和さん

夢を諦めない、前向きな人を応援するファイナンシャルプランナー(1/3)

 ファイナンシャルプランナーをご存じですか?マイホームの取得、ゆとりのある生活、老後の安定など、誰もが夢や目標を持っています。そこに横たわるのがお金の問題。ファイナンシャルプランナーは顧客の夢や目標に寄り添い、現実に則した資金計画を立て、実...

由籐久和プロに相談してみよう!

高知放送 マイベストプロ

相談経験豊富な家計プランナー

会社名 : ファイナンシャルプランナー FPライフ
住所 : 高知県高知市長浜1625-5 [地図]
TEL : 088-848-2505

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

088-848-2505

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

由籐久和(ゆとうひさかず)

ファイナンシャルプランナー FPライフ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
相談事例 『30代から始める家づくり』

相談事例『30代からの家づくり』最近の相談事例を見てみると家づくりのご相談が保険相談の次に多かったですね...

[ 家を購入する流れ ]

『貯蓄ができない人の理由』 『保険』

『貯蓄ができない人の理由』 『保険』最近の相談事例の具体的な悩みの多くは『貯蓄ができない』『保険の...

[ 家計診断事例 ]

家計診断事例 『貯蓄ができない理由』

家計診断事例 『貯蓄ができない理由』最近の相談事例の具体的な悩みの多くは『貯蓄ができない』『保険の...

[ 家計診断事例 ]

30代共働き夫婦の家計診断事例
イメージ

家計相談実例その1相談者Aさん(35歳)会社員 年収(450万円)   配偶者(35歳)会社員 年収(250万...

[ 家計診断事例 ]

家計診断をFPに依頼するメリット
イメージ

消費税の増税や扶養控除の廃止など、家計に関わるお金の状況は今後厳しくなると予想されます。「これからの...

[ 家計診断で家計の見直し ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ