コラム

 公開日: 2016-05-16  最終更新日: 2016-11-24

専業主婦のための、家計やりくりの基本


子どもが独り立ちして、教育費にお金が掛からなくなった家庭の専業主婦もいますが、多くの専業主婦は子どもがまだ小さいために働きに出ることができずに、旦那さんの給料からやりくりしているのではないでしょうか。

家計の管理を怠ると支出総額が旦那さんの収入よりも多くなって家計が赤字となり、貯金などから切り崩して生活しなければならなくなります。そうならないための家計やりくりの基本をご紹介します。

夫の給料だけで生活できるように家計管理を行えるようにする

家計にかかるお金は、食費、水道光熱費、通信費、日用雑費、住居費があります。また、家庭の状況によって貯金、保険料、夫・妻のお小遣い、駐車場代、趣味・娯楽費、被服費、医療費などがあります。

日本の一般的な30代男性の平均年収は、400万円台といわれているので月の手取りが25万円とします。
住居費は6万2000円、水道光熱費1万5000円、通信費1万3000円、教育費2万5000円を支払うと、残りは10万5000円になります。しかし、この中には食費や雑費以外にもさまざまな支出が含まれているので、この中でやりくりしなければなりません。

車を持っている場合は、駐車場代やガソリン代がかかります。安く見積もって1万5000円。夫が自由に使えるお小遣いを2万円。

夫に万が一の事があった場合を考えると、保険も必要ですので、残りのお金で食費や雑費など、その他のさまざまな支出をやりくりしなければいけません。

小学生以下の小さな子どもがいる場合、子どもが大学などに進学する18歳の時期を目標に約500万円の教育費を目指すと、月々約3万円を貯金するようにする、15年後には540万円貯まっており、進学の際の学費として備えることができるでしょう。

夫の死亡保障は充実した内容を選ぶなど保険の充実を

専業主婦の家庭にふさわしい保険とは、大黒柱である夫の死亡保険や医療保険の備えを優先することです。夫にもしものことがあると家族全員の生活に影響を及ぼすからです。そのためにも、リスクに優先順位をつけ、貯蓄と保障のバランスを上手にとりながら効率のよい保険を選ぶことが重要になります。

例えば、妻が実家に帰れるかどうか、またはすぐに働いて収入を得られるかどうかによって死亡保障の設定する金額が変わります。

夫に万が一のことがあった場合、一定の期間は死亡保障が必要です。定期保険や収入保障保険などで対応し、終身医療保険、終身がん保険との組合せなど保険を優先順位の高いリスクに十分対応し、かつ必要最小限で検討してください。その際、遺族年金、高額療養費制度のことも忘れず、保険で全てを対応することが無いように貯蓄と兼用する広い視野が必要です。また保障と貯蓄を分離させることが貯蓄残高を増やすことにもつながります。

長期的な目線で将来働くための自己投資をしておくのも手

家計を管理していると支出だけに目がいき、節約ややりくりで家計を何とかしようとしがちですが、現実的に教育費や住宅ローン、老後資金などに備えるためには、夫婦共働きで収入を増やしてまかなえばいいのです。

すぐに復職できる場合はいですが、そうではない場合は専業主婦のうちに将来の収入につながる資格や、大好きなことで稼げるような何かを学ぶなどに自己投資するのもひとつの手です。

家計のやりくりで貯金をふやすための3つのコツ
節約で貯金をふやしたい主婦が行う賢い生活アイデア

ご相談方法についてはこちら

この記事を書いたプロ

ファイナンシャルプランナー FPライフ [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 由籐久和

高知県高知市長浜1625-5 [地図]
TEL:088-848-2505

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
ご相談方法
イメージ

FP.ライフにて毎週土曜日・日曜日に住宅ローン相談会を開催しています。人生で最大の借り入れ、住宅ローン。住宅ローンの基本を学び、実践して家計収支の改善を図りま...

 
このプロの紹介記事
高知を元気にするファイナンシャルプランナー・由籐久和さん

夢を諦めない、前向きな人を応援するファイナンシャルプランナー(1/3)

 ファイナンシャルプランナーをご存じですか?マイホームの取得、ゆとりのある生活、老後の安定など、誰もが夢や目標を持っています。そこに横たわるのがお金の問題。ファイナンシャルプランナーは顧客の夢や目標に寄り添い、現実に則した資金計画を立て、実...

由籐久和プロに相談してみよう!

高知放送 マイベストプロ

家造りに関する相談経験豊富な独立系ファイナンシャルプランナー

会社名 : ファイナンシャルプランナー FPライフ
住所 : 高知県高知市長浜1625-5 [地図]
TEL : 088-848-2505

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

088-848-2505

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

由籐久和(ゆとうひさかず)

ファイナンシャルプランナー FPライフ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
家計診断をFPに依頼するメリット
イメージ

消費税の増税や扶養控除の廃止など、家計に関わるお金の状況は今後厳しくなると予想されます。「これからの...

[ 家計診断で家計の見直し ]

住宅ローン借り換えのメリットとデメリットの比較が重要!
イメージ

住宅ローンの借り換えメリットは、返済利息額が削減できることです。でも、事前に十分な情報収集をせずに借り...

[ 住宅ローンと資金計画 ]

家計診断で老後破産回避!
イメージ

色々なところで目にすることが多くなった老後破産という言葉。老後破産を回避する方法をお伝えします。 ま...

[ 家計の見直しを考える ]

住宅ローンの頭金は本当に必要?
イメージ

住宅を購入する場合は、頭金を物件価格の2割準備した方がよいといわれています。その理由としては、以前は物件価...

[ 住宅ローンと資金計画 ]

住宅ローンは固定金利と変動金利どちらを選ぶべき?
イメージ

住宅ローンを決めるときに悩むポイントは、住宅ローンのタイプを固定金利にするか、変動金利にするかではないで...

[ 住宅ローンと資金計画 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ