コラム

 公開日: 2016-05-10  最終更新日: 2016-11-24

子ども3人世帯の家計診断、貯蓄はいくら必要?


お子さんが3人いると何かとお金がかかり、なかなか貯蓄できないことに悩まれている世帯も多いのではないでしょうか。大学進学する時期に一番お金がかかります。子ども3人に必要な教育費をしっかり把握し、理想の家計バランスで貯蓄をしていきましょう。

子どもが18歳になる頃を目標に貯蓄をプランニング

以前のコラムで子どもに必要な教育費は進路によって異なることをご紹介しました。
3人とも小学校から大学まで国公立と考えると、1人あたり教育費に約680万円ですから、3倍の2040万円かかります。

中学卒業の15歳まで児童手当が支給されるのですが、3人目は3歳から小学校修了前までの期間も減額されないので、2人目までは各約200万円、3人目は約250万円(児童手当の所得制限の対象外の場合)支給されます。

上記のような手当を貯蓄にまわすことなども考えながら、子どもが18歳(大学や専門学校などに進学する歳)になる頃を目標に定めて、国公立大学への進学であればひとり200~300万円、私立大学であれば400~500万円の貯蓄を考えてみましょう。

ですが、これには塾や習い事などは入っていません。習い事についても、お子さんの個性や意思なども考慮しながら、取捨選択をしていくことが大切です。

子どもの養育には洋服、おもちゃ、理美容、医療費など教育費以外にもかかります。そういった支出もふまえた上で、月々の貯蓄額を決めて子どもの将来に備えましょう。

大切なことは上記に加え子供に自立をしてもらうこと、親として何をしてやるのか確認しておくことです。目的目標を持って行動する子供に育てることを忘れずに!

理想的な家計バランスで、子どもが小学生になるまでに養育費の基礎的部分を確保

理想的な家計バランスは住居費25%、食費15%、水道光熱費6%、通信費5%、小遣い8%、預貯金18%、生命保険4%、日用品2%、医療費1%、教育費4%、交通費2%、被服費2%、交際費2%、嗜好品1%、その他3%と言われています。

小学生や中学生になれば携帯電話も必要になってきますので、通信費も家計に加わってくることも覚えておいてください。

毎月定額に支払う固定費を節約して貯蓄を!

家計費の費目で見直ししやすいのは固定費です。毎月定額を支払う費目なので節約効果が最も大きいのです。

手取り20万円で、住居費が約10万円だったとすると、食費であれば10万円以上は使いすぎと自覚できても、住居費になるとこんなものだろうと見逃してしまう人は多いのではないでしょうか。

しかし、食費に比べて住居費が高くなるのは普通ですが、手取りの約半分というのは高すぎます。住居費は手取りの25%以内に抑えましょう。

生命保険やその他の固定費も目的、目標を持って対応しましょう。

家計診断、教育費を早期に計画的に貯める方法

ご相談方法についてはこちら

この記事を書いたプロ

ファイナンシャルプランナー FPライフ [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 由籐久和

高知県高知市長浜1625-5 [地図]
TEL:088-848-2505

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
ご相談方法
イメージ

FP.ライフにて毎週土曜日・日曜日に住宅ローン相談会を開催しています。人生で最大の借り入れ、住宅ローン。住宅ローンの基本を学び、実践して家計収支の改善を図りま...

 
このプロの紹介記事
高知を元気にするファイナンシャルプランナー・由籐久和さん

夢を諦めない、前向きな人を応援するファイナンシャルプランナー(1/3)

 ファイナンシャルプランナーをご存じですか?マイホームの取得、ゆとりのある生活、老後の安定など、誰もが夢や目標を持っています。そこに横たわるのがお金の問題。ファイナンシャルプランナーは顧客の夢や目標に寄り添い、現実に則した資金計画を立て、実...

由籐久和プロに相談してみよう!

高知放送 マイベストプロ

家造りに関する相談経験豊富な独立系ファイナンシャルプランナー

会社名 : ファイナンシャルプランナー FPライフ
住所 : 高知県高知市長浜1625-5 [地図]
TEL : 088-848-2505

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

088-848-2505

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

由籐久和(ゆとうひさかず)

ファイナンシャルプランナー FPライフ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
家計診断をFPに依頼するメリット
イメージ

消費税の増税や扶養控除の廃止など、家計に関わるお金の状況は今後厳しくなると予想されます。「これからの...

[ 家計診断で家計の見直し ]

住宅ローン借り換えのメリットとデメリットの比較が重要!
イメージ

住宅ローンの借り換えメリットは、返済利息額が削減できることです。でも、事前に十分な情報収集をせずに借り...

[ 住宅ローンと資金計画 ]

家計診断で老後破産回避!
イメージ

色々なところで目にすることが多くなった老後破産という言葉。老後破産を回避する方法をお伝えします。 ま...

[ 家計の見直しを考える ]

住宅ローンの頭金は本当に必要?
イメージ

住宅を購入する場合は、頭金を物件価格の2割準備した方がよいといわれています。その理由としては、以前は物件価...

[ 住宅ローンと資金計画 ]

住宅ローンは固定金利と変動金利どちらを選ぶべき?
イメージ

住宅ローンを決めるときに悩むポイントは、住宅ローンのタイプを固定金利にするか、変動金利にするかではないで...

[ 住宅ローンと資金計画 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ