コラム

 公開日: 2016-04-22  最終更新日: 2016-11-24

家計診断、食費の割合はどのくらいが適当?


ご自分の年収に対して、どれくらいを食費にかけるべきかご存じですか?
所得が多くなるとエンゲル係数は低くなり、所得が低いとエンゲル係数は高くなりますが、各世帯によって「外食が好き」「有機野菜など食材にこだわりたい」などライフスタイルや嗜好によってエンゲル係数は変わるので一概にはいえませんが、およその目安をご紹介します。

日本の食費の平均は1カ月5万3000円。食費は4万~5万円に

食費は、給料から税金を引いて最終的に手に入る手取り収入の概ね15~20%を目安にすると良いといわれています。手取りが30万円とすると、食品は4万5000円ということになります。

2005年の総務省の家計調査によると、年収442万円までの1カ月の食費の平均は4万2000円、収入が一番多い944万円以上の1カ月の食費の平均は1カ月6万6000円でした。

収入が3倍近く違っていても、食費は約1.5倍しか変わりません。収入が多いからといって、その分たくさん食べるわけでもありませんからね。日本の食費の平均は1カ月5万3000円でした。

各家庭によって収入や食費へのこだわり、ライフスタイルの違いはありますが、食費を4~5万円に抑えることで家計の収支バランスは取れると思います。3万円以内に抑えていればかなり優秀ではないでしょうか。

食費を抑えるには外食を減らして安い食材で自炊する

食費を抑えるには、まず外食を減らすことが一番の近道です。そして、安い食材を購入して自炊すること。食費を1カ月4万円として、5週で割った8000円を1週間の予算として買い物を行います。

そして、スーパーに買い物に行く回数は週に1回だけにすることが無駄遣いを抑えるコツです。スーパーのチラシには日替わりの特売品が掲載されていますが、お目当ての特売品以外にも余計なものを買ってしまっては元も子もありません。買い物の回数を減らすことが大事です。ネットスーパーを利用して、必要なものだけを購入するというのも賢い方法です。

どうしても外食をしたい、気分転換も必要であれば、食費と外食費を別にして月にいくら外食に使っていいかを決めておきましょう。

嗜好品は買いすぎない。作り過ぎや忘れてしまって無駄に捨てない

いくら野菜や肉を安く買えても、晩酌用のビールや日本酒、子どものおやつ、風呂上がりのアイスクリーム…当たり前のように購入していませんか?

食材も買い過ぎて冷蔵庫で干からびていたり、賞味期限が過ぎてしまったりしていませんか?

まとめ買いする時にメニューを考えておく、冷蔵庫にある物をメモしておく、手作りレシピを増やすなど、お金を無駄に使わないように見直す所や工夫する所がないか常に考えてできることを実践していきましょう。

共働き夫婦の家計のやりくり、適切な支出の割合は?

ご相談方法についてはこちら

この記事を書いたプロ

ファイナンシャルプランナー FPライフ [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 由籐久和

高知県高知市長浜1625-5 [地図]
TEL:088-848-2505

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
ご相談方法
イメージ

FP.ライフにて毎週土曜日・日曜日に住宅ローン相談会を開催しています。人生で最大の借り入れ、住宅ローン。住宅ローンの基本を学び、実践して家計収支の改善を図りま...

 
このプロの紹介記事
高知を元気にするファイナンシャルプランナー・由籐久和さん

夢を諦めない、前向きな人を応援するファイナンシャルプランナー(1/3)

 ファイナンシャルプランナーをご存じですか?マイホームの取得、ゆとりのある生活、老後の安定など、誰もが夢や目標を持っています。そこに横たわるのがお金の問題。ファイナンシャルプランナーは顧客の夢や目標に寄り添い、現実に則した資金計画を立て、実...

由籐久和プロに相談してみよう!

高知放送 マイベストプロ

家造りに関する相談経験豊富な独立系ファイナンシャルプランナー

会社名 : ファイナンシャルプランナー FPライフ
住所 : 高知県高知市長浜1625-5 [地図]
TEL : 088-848-2505

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

088-848-2505

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

由籐久和(ゆとうひさかず)

ファイナンシャルプランナー FPライフ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
家計診断をFPに依頼するメリット
イメージ

消費税の増税や扶養控除の廃止など、家計に関わるお金の状況は今後厳しくなると予想されます。「これからの...

[ 家計診断で家計の見直し ]

住宅ローン借り換えのメリットとデメリットの比較が重要!
イメージ

住宅ローンの借り換えメリットは、返済利息額が削減できることです。でも、事前に十分な情報収集をせずに借り...

[ 住宅ローンと資金計画 ]

家計診断で老後破産回避!
イメージ

色々なところで目にすることが多くなった老後破産という言葉。老後破産を回避する方法をお伝えします。 ま...

[ 家計の見直しを考える ]

住宅ローンの頭金は本当に必要?
イメージ

住宅を購入する場合は、頭金を物件価格の2割準備した方がよいといわれています。その理由としては、以前は物件価...

[ 住宅ローンと資金計画 ]

住宅ローンは固定金利と変動金利どちらを選ぶべき?
イメージ

住宅ローンを決めるときに悩むポイントは、住宅ローンのタイプを固定金利にするか、変動金利にするかではないで...

[ 住宅ローンと資金計画 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ