コラム

 公開日: 2013-10-24 

住宅ローンあなたなら誰に相談しますか?

あなたなら誰に相談しますか?

  1:金融機関
  2:住宅販売会社(メーカー、工務店、など)
  3:インターネット、書籍など

ほとんどの人が上記のいずれかですよね!
   1はお金を貸したい人
   2は住宅を販売したい人
   3は自分自身で解決できる人?


何が問題点でしょうか?考えてみましょう!

1,はお金を自社から借りて欲しい立場、2は住宅を販売する立場それぞれの思惑でローン選択をされる場合が多く、審査基準や提携ローンなどでお薦めするケースが多数見受けられます。

 住宅ローンの種類は多く自分たちに合ったベストなプランを選ぶのは至難の業だと思います。一般的には、収入や、現在の住居費だけで判断されることが多く借り入れ可能額が無理なく返していける金額と誤解をしてしまうことではないでしょうか。

 大切なことは自分たちに合ったローン選択をすることですね。(簡単そうで難しい)

 先日もこんな相談が新築3年目で短期固定を借り返えしたいとの御希望でしたが結果は借り換えできませんでした。審査基準を満たすことができなかったことが原因です。
でもこんな人も他行にて借り換えを断られた後のご相談でしたが借り換えが可能になり、結果的に総支払額で800万円近い金額が支払わなくてよくなりました。


成果が必要なら
知識:情報×思考×行動=成果
全て掛算です、どこかひとつでも0なら成果はでないことを知ってください!

家計診断の事例はこちら

ご相談方法についてはこちら

この記事を書いたプロ

ファイナンシャルプランナー FPライフ [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 由籐久和

高知県高知市長浜1625-5 [地図]
TEL:088-848-2505

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

13

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
ご相談方法
イメージ

住宅取得相談 50,000円 ※ライフプラン設計料を含む住宅ローン新規相談30,000円住宅ローン借り換え相談30,000円保険相談5,000円ライフプラン設計30,000円...

 
このプロの紹介記事
高知を元気にするファイナンシャルプランナー・由籐久和さん

夢を諦めない、前向きな人を応援するファイナンシャルプランナー(1/3)

 ファイナンシャルプランナーをご存じですか?マイホームの取得、ゆとりのある生活、老後の安定など、誰もが夢や目標を持っています。そこに横たわるのがお金の問題。ファイナンシャルプランナーは顧客の夢や目標に寄り添い、現実に則した資金計画を立て、実...

由籐久和プロに相談してみよう!

高知放送 マイベストプロ

家造りに関する相談経験豊富な独立系ファイナンシャルプランナー

会社名 : ファイナンシャルプランナー FPライフ
住所 : 高知県高知市長浜1625-5 [地図]
TEL : 088-848-2505

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

088-848-2505

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

由籐久和(ゆとうひさかず)

ファイナンシャルプランナー FPライフ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
相談事例 『30代から始める家づくり』

相談事例『30代からの家づくり』最近の相談事例を見てみると家づくりのご相談が保険相談の次に多かったですね...

[ 家を購入する流れ ]

『貯蓄ができない人の理由』 『保険』

『貯蓄ができない人の理由』 『保険』最近の相談事例の具体的な悩みの多くは『貯蓄ができない』『保険の...

[ 家計診断事例 ]

家計診断事例 『貯蓄ができない理由』

家計診断事例 『貯蓄ができない理由』最近の相談事例の具体的な悩みの多くは『貯蓄ができない』『保険の...

[ 家計診断事例 ]

30代共働き夫婦の家計診断事例
イメージ

家計相談実例その1相談者Aさん(35歳)会社員 年収(450万円)   配偶者(35歳)会社員 年収(250万...

[ 家計診断事例 ]

家計診断をFPに依頼するメリット
イメージ

消費税の増税や扶養控除の廃止など、家計に関わるお金の状況は今後厳しくなると予想されます。「これからの...

[ 家計診断で家計の見直し ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ