コラム

 公開日: 2017-09-06 

洗面台リフォーム時期のサインを見つけるチェックポイント

頑丈そうに見える洗面台にも寿命はあり、およそ15年から20年程度と言われています。

使い方やメンテンナス次第では10年程度で不具合が出ることもあったり、20年以上使えることもあったりします。

洗面台はどのようなサインが出ていればリフォーム時期なのでしょうか。

洗面台の耐用年数は一体どれくらい?

洗面ボウルは陶器でできていますから、丁寧に使っていれば長く使い続けることができます。しかし、うっかり物を落として、ヒビが入ってしまうこともあります。

洗面台の平均的な耐用年数は20~30年ですが、使い方によっては5年くらいで洗面ボウルにひびが入ってしまったというケースもあります。

洗面ボウル以外の不具合は10年以上経つとでてきますので、大体15年から20年くらいでリフォームしたいと検討される方が多いです。

洗面ボウルは長持ちするが、ひび割れしていたらリフォームのサイン

洗面ボウルは陶器で頑丈ですが、ものを落としたときのあたり所が悪いとヒビが入ってしまうことがあります。

また、10年くらいを経過すると経年劣化でもヒビが入ることもあります。ヒビ割れを発見したタイミングが早ければ、補修でなんとかなるかもしれませんが、10年以上経っていればリフォームのサインと考えていいでしょう。

また、栓をしても水がたまらず抜けてしまう場合は、栓を交換しますが、こうした消耗品の部品はどこのメーカーも年数が経過するにつれて在庫がなくなり、生産終了した型の部品は7~8年以降からなくなります。そのため、在庫がない状態になるとリフォームを検討せざるをえなくなっていきます。

シャワーホースや排水管の水漏れはリフォームのタイミング

洗面台に付属しているシャワーホースは、ホースの摩擦と経年劣化の影響でホース部分に穴が空きやすく、接続部分のゴムパッキンから水漏れするケースがあります。ほとんどの場合、ホースだけを交換することができないので、シャワーごと交換することになります。大体シャワーホースの寿命は10年程度です。

また、年数が経つと排水管自体の劣化に加え、ナットやボルトが緩んだり、ゴムパッキンが劣化したりとさまざまな原因から水漏れを起こすようになります。

そのほかの収納部分が湿気などでガタがきていたり、棚の部分が破損したりと、気になる部分がたくさんでてきたら、リフォームを検討するべきタイミングです。

この記事を書いたプロ

有限会社 馬場建材店 [ホームページ]

建築家 馬場透

高知県高知市長浜611 [地図]
TEL:088-842-3000

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
馬場建材店店頭にて 馬場透プロ

仕事の大小にかかわらず、資材販売から新築・リフォームまで住宅のことならなんでもおまかせ(1/3)

馴染みのないプロの工具、見たことのないパーツや住宅関連の資材などが所狭しと並ぶ馬場建材店。名前こそ建材店ですが、新築・リフォーム・水道工事・耐震工事・太陽光発電の取り付けなど、幅広い業務を行っています。馬場透さんは住宅メーカーを経て家業...

馬場透プロに相談してみよう!

高知放送 マイベストプロ

資材の販売から工事まで自社で行いコストダウンに強み

会社名 : 有限会社 馬場建材店
住所 : 高知県高知市長浜611 [地図]
TEL : 088-842-3000

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

088-842-3000

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

馬場透(ばばとおる)

有限会社 馬場建材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
古い住宅は建て替える?リフォームする?メリットデメリット

古い住宅を今後どうするかを考える際に、リフォームするのか、建て替えするのか、どちらがいいのか迷われることと...

耐震性には間取りも影響!?昔の家が地震に弱い理由

耐震性は、間取りも大きく影響してきます。特に古い家の間取りは地震に弱い傾向があります。現在の建築基準法...

瓦屋根は地震に弱い!? 金属屋根に葺き替えリフォーム

地震で倒壊する家のほとんどは古い木造住宅なのですが、瓦屋根のケースが多いようです。地震による倒壊の危険性を...

耐震リフォームで行われる耐震補強の方法

すでに住まれている家が古く、耐震性に不安を感じられている場合は、耐震補強工事を行って耐震性を向上させること...

こんな家は危ない!耐震補強が必要な住宅の共通点

1981年6月以前の旧耐震基準で建てられた家は、耐震補強工事をおすすめしています。ですが、それ以降に建てられて...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ