コラム

 公開日: 2016-11-14  最終更新日: 2017-08-04

浴室のバリアフリーは○○をなくすことがポイント

浴室は高齢者にとって、危険度の高い空間です。出入り、立つ・座る、体を洗う、湯船に浸かる。どの段階でも危険がないようにしておきましょう。

居室~脱衣場~浴室の温度差も高齢者にとって大敵です。温度をなるべく一定に保つ工夫を心がけましょう。

心身を癒やす空間には危険もいっぱい

一日の終わりのバスタイム。リラックスする時間です。お風呂は子供からお年寄りまで、家族全員が毎日利用する場所ですから、バリアフリーの工夫をしていつまでも安全に快適に使い続けたいものです。

特に寒い季節、湯船につかるのは体が冷えやすい高齢者にとってはなによりの楽しみです。寝付きが良くなり健康維持のためにも大いに役立ちます。

一方で浴室は高齢者には危険がいっぱいの、細心の注意を払わなければならない空間でもあります。浴室のバリアフリーのために、なくさなければならないモノを詳しく見ていきましょう。

危険をなくすための工夫

浴室の出入り口は車イスで浴室に入れるように、また介護者とともに入れるように、80センチ以上は確保するのが良いでしょう。ただ、入浴介護はテクニックが必要です。自力で入浴が困難になったら、介護サービスを利用するなどして、家族の負担にならないようにしましょう。
ドアは2枚引き戸にすると、ドアの開閉部分でスペースを取られることもなく、開口を広く取れるので、狭い浴室を有効に使えます。
また、中から施錠してしまった場合も想定して、外から解錠できるようにしておきましょう。

また、浴室への出入りをスムーズにするための手すりを適切に配置します。

浴室と脱衣場との境目は、高齢の方などが転倒しないよう(また車イスでも出入りができるように)段差をなくしましょう。

洗い場の床素材は滑りにくい床材を用います。
洗い場にも、立つ・座るの動作を補助するための手すりを配置します。
浴槽のふちに幅を持たせ、そこに腰掛けて浴槽へ入ったり、洗い場へ出たりできるようにするのもおすすめです。ベンチのついたユニットバスもあります。

浴槽に高さがあると足を上げて入るのが大変ですので、またぎやすい高さ約(30センチ程度)にしましょう。

高齢者が浴室で溺れる事故も多発しています。浴槽の中にも浅く腰掛けることのできる段差を設ける、手すりにつかまりながら湯船につかることができる、などの工夫が必要です。
また、浴室から家族へコールできるような設備もあれば安心です。

温度差をなくすための工夫

寒い日に気をつけなければならないのは、居室と浴室の温度差です。

急激な温度の差はヒートショックを生み、高齢者の脳や心臓に影響を及ぼします。居室、脱衣場、浴室になるべく温度差がないようにしておきます。浴室暖房設備があるなら入浴前にスイッチを入れておく、湯船のフタを外しておいて蒸気で浴室内を温めておくといった配慮が必要です。脱衣室や廊下の温度にも注意が必要です。

他のコラムでもバリアフリーについて解説しています。
詳しくはこちらからご覧ください。
☆バリアフリーのコラム一覧☆

この記事を書いたプロ

あしすと設計 [ホームページ]

一級建築士 岡部早苗

高知県高知市南万々33 フルーツバスケット1階 [地図]
TEL:088-821-6581

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
自由記入欄(1)

あしすと設計のホームページができました。http://www.a-o-assist.com10月からはスタッフも増え、体制も万全になりました!よろしくお願いします。

 
このプロの紹介記事
あしすと設計代表 岡部早苗

長年にわたる主婦と子育ての経験を通して見えてくる、その人らしい住まいづくり(1/3)

 大学時代に出会ったご主人と結婚し、二級建築士の免許を持って高知へやってきた岡部早苗さん。子ども4人を育てながら工務店で設計・施工管理の仕事をし、現場での経験を積んで一級建築士の資格を取得しました。工務店では施主の要望に応えきれないことや、...

岡部早苗プロに相談してみよう!

高知放送 マイベストプロ

主婦歴37年。4人の子育て、母の介護の経験が強み

会社名 : あしすと設計
住所 : 高知県高知市南万々33 フルーツバスケット1階 [地図]
TEL : 088-821-6581

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

088-821-6581

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡部早苗(おかべさなえ)

あしすと設計

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
たかがトイレ、されどトイレ
イメージ

先日、昼食のために立ち寄った飲食店のトイレに入ったところ、女子トイレは1ブースで、和式トイレだけでした。こ...

[ バリアフリー住宅 ]

住宅の耐震性を高める3つのポイント

建物の耐震性を考える上で、地盤の良し悪しは大きくかかわってきます。家を支える基礎部分、そして家の骨組とも言...

[ 住宅の耐震 ]

耐震基準の改正歴史と耐震等級について

これまでに、耐震基準法は改正されてきました。いま基礎となっているのは、1981年につくられた「新耐震基準」です...

[ 住宅の耐震 ]

耐震とは?制震、免震との違いについて

同じ「1級建築士」でも、それぞれ専門が違います。私は「意匠設計」と言われる分野で、構造は専門外ではありますが...

[ 住宅の耐震 ]

キッチンのバリアフリーで料理の時間に楽しみを

キッチンをバリアフリーにすることで、調理中に起こる事故の軽減を目指すことは日常生活を送る上で欠かせません。...

[ バリアフリー住宅 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ