コラム

 公開日: 2016-11-12 

玄関にスロープを設置する際の費用目安と注意点

家と外をつなぐ玄関を段差の少ない空間にすることで、高齢の方々にとって外出がスムーズになります。またサポートする人の負担も軽減できます。

スロープを設置するときの注意点。適した勾配とは?

スロープの勾配は、見た目には緩やかであっても、実際に歩いたり、車イスを押してあがったりすると意外に勾配がきつい場合があります。

門扉などから玄関までのスロープなどは、車椅子の利用を想定するのであれば幅100センチ、スロープの距離が長い場合は9~10メートルごとに踊り場を設けます。
スロープをU字型にするなど、踊り場を作る際は、幅140センチほどの水平なスペースを設ける必要があります。スロープの上り始めと上り終わりにも、水平なスペースは必要です。

スロープの勾配は、基本の角度は約5度、1/12勾配で、電動車イスでの自走、介護の方がサポートする際も楽に行える角度と言われています。
理想のスロープの長さは、約30センチの段差に勾配1/12のスロープを設ける際、段差の約12倍、30センチ×12=360センチの長さのスロープとなります。

勾配が1/16(約3.6度)であれば、車イスの自走がほぼ可能です。公共施設などは1/16勾配をすすめています。スロープが3メートル以上の場合は手すりをつける方が良いでしょう。段差が約30センチで1/16勾配のスロープを設ける際は、段差の約16倍、30センチ×16=480センチの長さのスロープとなります。ただし、16センチ以下の段差であれば1/8の勾配でよいとされています。(16×8=48センチ)
(参照:「高知県ひとにやさしいまちづくり条例」)

実際には、一般的な住宅の床の高さは60センチありますから、7メートルから10メートルものスロープが必要となり、敷地に余裕があるか、設計段階でのかなりの工夫が必要です。

スロープを設置するとき、費用はどれくらいかかる?

歩行用のスロープを設置するためにかかる費用は、5メートルの長さ(巾1メートル)でおおよその目安で10万円と言われています。車椅子用のスロープの場合は、緩い勾配で、歩行用より長さが必要となりますので、だいたい30万円ほどの出費となります。

スロープ素材の選び方のポイントは?

スロープにはコンクリートや石、レンガ、タイルなどが用いられますが、滑りにくい素材を選びましょう。

コンクリートで仕上げる場合は、「刷け引き(はけびき)」といって、ほうきで掃いたような模様を入れて滑りにくい表面にしたり、石やタイルであっても滑りにくい素材が出ていますので、そういったものを選ぶようにしてください。

また車イスが脱輪したり、視覚障害の方の杖が落ちないようにスロープの両側に縁石(スロープ面より5センチの高さ)も設置するようにしてください。

現在、車椅子状態の方がお住まいになる場合でなければ、緩い階段で手すりを付けておきましょう。そして、車椅子が必要な状況になったら、段差昇降機を設置できるように、スペース(100センチ四方)は確保しておきましょう。

この記事を書いたプロ

あしすと設計

一級建築士 岡部早苗

高知県高知市南万々33 フルーツバスケット1階 [地図]
TEL:088-821-6581

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
自由記入欄(1)

あしすと設計のホームページができました。http://www.a-o-assist.com10月からはスタッフも増え、体制も万全になりました!よろしくお願いします。

 
このプロの紹介記事
あしすと設計代表 岡部早苗

長年にわたる主婦と子育ての経験を通して見えてくる、その人らしい住まいづくり(1/3)

 大学時代に出会ったご主人と結婚し、二級建築士の免許を持って高知へやってきた岡部早苗さん。子ども4人を育てながら工務店で設計・施工管理の仕事をし、現場での経験を積んで一級建築士の資格を取得しました。工務店では施主の要望に応えきれないことや、...

岡部早苗プロに相談してみよう!

高知放送 マイベストプロ

主婦歴37年。4人の子育て、母の介護の経験が強み

会社名 : あしすと設計
住所 : 高知県高知市南万々33 フルーツバスケット1階 [地図]
TEL : 088-821-6581

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

088-821-6581

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡部早苗(おかべさなえ)

あしすと設計

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
キッチンのバリアフリーで料理の時間に楽しみを

キッチンをバリアフリーにすることで、調理中に起こる事故の軽減を目指すことは日常生活を送る上で欠かせません。...

[ バリアフリー住宅 ]

寝室のバリアフリーのポイントは、長時間快適に過ごせるように

介護・介助の必要を考えて、高齢の方の寝室などは、ベッドのまわりに人が作業できるような空間を確保しておきまし...

[ バリアフリー住宅 ]

階段のバリアフリー化で考慮すべき4つのポイント

階段のバリアフリーでは、まず階段の形状、高さと幅に留意して安全を確保します。手すりは可能ならば階段両側に...

[ バリアフリー住宅 ]

廊下のバリアフリー化は広さや明るさを考慮して

廊下は、部屋と部屋をつなぐ家の中の道路です。廊下の危険をなくすことで、足元が不安な方も家の中を移動するなど...

[ バリアフリー住宅 ]

トイレのバリアフリーは高齢者が自立して行なえる工夫を

トイレに自分で行けることは、高齢者の尊厳を保つことにつながります。手すりや暖房、便座の工夫など快適なト...

[ バリアフリー住宅 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ